天童木工剣持勇S-5009AA-AA張地Bグレード【P10】:住まいと暮らしのドアーズ - ed421

2019-09-10
カテゴリトップ>デザイナーで探す>剣持勇
天童木工剣持勇S-5009AA-AA
張地Bグレード

【P10】
サイズ W518×D530×H715×SH433mm
材質 脚:ステンレス丸パイプ
デザイン 剣持勇 1961
メーカー 天童木工・日本製
納期 約2週間〜3週間(受注生産品)※工場で部材が確保できない場合、納期をいただく場合がございます。
送料 無料 ※ 北海道・沖縄・離島と一部地域のお客様は送料別途御見積とさせていただきます。ご注文後、弊社から送料に関するご案内をメールにてご連絡させていてだきます。


天童木工 剣持勇 S-5009AA-AA



Isamu Kenmochi

剣持勇氏は、天童木工の歴史を語る上で欠くことのできない関係の深かったデザイナーです。その出会いは戦前まで遡ります。1932年、氏は日本初の国立デザイン指導機関だった工芸指導所に入所し、工業デザインや家具デザインに没頭していました。後に天童木工に迎えられる乾三郎も入所。「デザインの剣持」と「成形合板の乾」との出会いが以降も長く続く天童木工との連携に繋がります。このようにして、天童木工は氏から成形合板技術の指導を受け数々の名作を形にすることができたのです。

例えば、ゴルフ場のクラブハウス用に作られた3次元カーブが美しいチェア[S-5009]や京都国際会議場のロビー用に作られたイージーチェア[S-7008]などは後に規格品として販売され、現在も高い人気を誇っています。剣持氏のシリーズの中でも一際異彩を放つ柏戸イス[S-7165]は熱海ガーデンホテルのロビー用にデザインされました。その名は、山形県出身の力士、柏戸関の横綱昇進を記念してこの椅子が贈呈されたことにちなんで付けられました。成形合板を得意とする天童木工にあって、無垢材のみで作られたこの作品は異色の存在です。

チェア  S-5009AA-AA

剣持 勇
1912年、東京生まれ。1932年に東京高等工芸学校木材工芸科を卒業後、商工省の工芸指導所に入所。翌年、来日したドイツ人の建築家ブルーノ・タウト氏のもとで椅子などの「規範原型」の研究を行う。1952年には、渡辺力氏や柳宗理氏らと共に、日本インダストリアルデザイナー協会の設立に協力。1955年に剣持デザイン研究所を設立する。日本を代表する建築家、丹下健三氏とのコラボレーションも多く、柏戸イスの熱海ガーデンホテルや1964年天童木工が観客席を制作した国立代々木競技場の貴賓室もこのコンビによるもの。

※画像の色と風合いは実物と異なって見える場合がございます。
※検討の際には実物の張地サンプルをご覧いただけます。 メールにてお申し付けください。
※配送は基本的に玄関渡しとなります。

[ 3/11 → SPUと商品別変倍で最大18倍! → 3/15 ]

価格
88,560円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
張地Bグレード  
受注生産品(2週間〜3週間)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く